ログイン・会員登録

訪問者数

みんなのレビュー

4th concept album 「VECTOR」
総合評価 5 (5件)

2,000円

在庫あり

注文数:

  • 心から尊敬できる、唯一無二のアーティスト。
    発達障害で歌を歌ってる人がいると聞いて、ネッコカフェのライブで初めて彼女の歌を聴いて、「こんな人が居たんだ」と衝撃を受けたのが5年前。(その時3rdアルバムA・Bを買いました)
    その後1st、2ndも聴き、ライブにも何度か足を運んでみて、その度に、新しい面が見えてくる。

    そして今回の4thアルバム。
    僕は詳しくは知らないけれど、ソロ弾き語りになる以前の打ち込みメインの音楽性も含めて、バラエティに富んだ楽曲の数々。(90sJ-POP風バラードもあれば、ワウギターのファンキーな曲、バッハ風?なクラシカルなインスト、ゲームやミュージカルのワンシーンのような曲、ヒップホップのビート(!)、、まで)
    そしてもちろん、深いメッセージ性を持った歌詞の世界。

    ...「発達障害」という言葉や、それを直接連想させるような言葉は、このアルバムのどこにも出てこない。(あるとしたら「逸脱」という言葉くらいか)
    3rdアルバムのメッセージが、ある意味わかりやすかったが故に、いつの間にか「発達障害の」という形容詞が彼女についてまわるようになって、人からそう見られ、どこかでそれらしい振る舞い(?)のようなものを求められるようになる...(僕なんかが何知ってるようなこと書いてるんだろうと思うけど、苦笑...それは単なる想像でしか無いんですが)
    僕も最初はそういう目(発達障害という)で彼女を見ていたと思うし、事実としては、今もそれは変わらないのだろうと思う。

    でも、「No Words」...
    彼女はそのことを、言葉であまり語らなくなった。
    それ自体が、彼女の意志、メッセージなのだと僕は思う。

    個人的に曲がかっこよくて好きなのは、1曲目の「freedom」。(これから何かが始まるぞ...というワクワク感が)
    インストの「Lost」、これはこの前の曲からの流れで聴くと、切なくて、心に染みます。

    人生に、「これが正解」っていうのは無いんだって思う。

    彼女を心から尊敬します。「僕の人生にも確かに関係あることを、歌ってくれてるのかも知れないな」と思える、僕にとっては数少ないアーティストです。

    投稿者:しょうどう 年齢:30代 用途:自分が楽しむため 性別(性認識):男性

    投稿日:2017-05-08

  • 沢山の人に聴いて欲しい
    彼女が生み出す音楽に込められている彼女自身の魂がこのアルバムに凝縮されている。メロディー・歌詞・アレンジに、そして歌に。「一歩踏み出せや」のアコースティックな曲調が特に印象的であった。個人的な希望として、生バンドのバックで彼女の歌を聴いてみたい。

    投稿者:Tomoyuky 年齢:40代 用途:自分が楽しむため 性別(性認識):男性

    投稿日:2017-01-16

  • tick-tuck
    前半は久々に聴いたためか聴いてるこちらまで緊張しました。逸脱の「チックタック」がよかったです。アルバム全体は悶々と鬱積したものを取り出すかのように作られたのかと思われました。なのでちょっとビックリ。今末世のこの時代を描き出す真剣さは伝わってきました。もうちょっと気楽に明るく作ってみたらみんな喜ぶんじゃないかなと、偉そうなこと言ってすいません。草々。

    投稿者:zakkie1973 年齢:40代 用途:自分が楽しむため 性別(性認識):男性

    投稿日:2016-12-09

  • コンセプトアルバムとしての完成度が高いです。
    はっきり言って、このCDが2000円は安いです。
    アルバムのコンセプトに沿って曲が作られていますが、様々な歌い方のバリエーションで最後まで飽きさせません。
    改めて、堀川ひとみさんのポテンシャルというか、音楽に対する引き出しの多さに脱帽しました。
    歌詞ももちろん良いのですが、音楽的な試みの部分だけでも大変面白いものがありますので、自分のようにpop'n musicから堀川ひとみさんを好きになった人や、堀川ひとみさんの曲をまだ聴いたことがない!という人にもオススメしたいです。

    個人的に好きだった曲のひとつが「カラ元気」です。
    これは「都庁前までお願いします」や「positive thinking」のようなユニークな雰囲気で、普段生きてきてヤケクソに叫びたくなる気持ちを楽しく代弁してもらった気分になりました。
    特に、働いている人や仕事に疲れた人にオススメです。
    他に「一歩踏み出せや」という曲も歌詞が素晴らしいです!
    辛いときや怖じけづいてる時にしっかりと直接的なメッセージをくれて、力を与えてくれる曲だと思いました。

    具体的に色々と書きすぎると、これから聴く人への先入観になってしまうといけないのですが、個人的にはこのアルバムの中で「逸脱」が一番好きでした。
    この曲はYouTubeでピアノverを聴いたことがあったのですが、アルバムではこんな風になったのかぁ!と思いました。
    民族音楽的な雰囲気の中に機械的な、モノクロのイメージが広がるような面白い仕上がりになっています。刻むようなリズムが癖になります。

    どの曲も、曲単体で聴いても充分素晴らしいのですが、このアルバム自体が「コンセプトアルバム」として、大変完成度が高いものだと思います。
    テーマは共通しているのに、妖艶な曲あり、楽しい曲あり、かっこ良い曲もあり、囁くようなインストゥルメンタルもあり、切なく歌い上げるような曲もあり、本当に飽きません。
    中毒性のある曲の数々にハマってしまい、ヘビロテ再生しています。

    今までのアルバムも好きですが、今までのアルバムとはまた全然違った良さがあると思います。もちろん、良い意味で進化しています。
    でも、根本の良さは変わってないので、聴くたびに興味を引き付けられ、いつまでも聴いていられる……そんなアルバムです。
    歌詞に強く直接的なメッセージ性を感じる曲もあれば、抽象的に語りかけるような曲もあります。そういう意味でも幅広く、どんな人が聴いても必ず気に入る曲があるのでは、と思います。

    まだ買っていない人は、購入に向けて是非とも「一歩踏み出せや」とオススメしたいアルバムです!

    投稿者:ねりねり 年齢:20代 用途:自分が楽しむため 性別(性認識):どちらでもない

    投稿日:2016-11-25

  • VECTOR感想
    気持ちが沈みこんだとき、共感をもって寄り添ってくれるようで、はげまされます。
    素敵なアルバムありがとうございます。

    投稿者:おっちゃ 年齢:50代 用途:自分が楽しむため 性別(性認識):男性

    投稿日:2016-11-10

1

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索